さかまるとうげ858m・ながくぼのかしら(ながくぼやま)1066m・ててめじやま1047m(歩行距離:約15km  登った延べの高さ:約750m)

ガイド

群馬県と埼玉県境の山で、万場をスタート地点に「神流マウンテンラン&ウォーク」のコースとして整備された「父不見山周回ルート」の山々である。展望はあまりよくない。

アクセス

神流町万場にある「こいこいアイランド」の駐車場から歩き出す。「こいこいアイランド」にある「こいこい橋」で神流川を渡って右折し、広い舗装道路を小平の集落へ向かう。森戸集落を過ぎると広い舗装道路は終わり、工事現場になる。道標に従って工事現場の脇を下り、三沢川を渡る。道標やテープに従って進み、小平の土生神社を回り込み山道に入って行く。

コース

神流町万場「こいこいアイランド」駐車場→1:10→土生神社→1:00→舗装した林道出会い・トイレあり→0:50→坂丸峠→1:00→長久保の頭→0:20→父不見山→0:30→杉の峠→1:20→県道71号線父不見山登山口出会い→0:40→神流町万場「こいこいアイランド」駐車場

駐車場

神流町万場「こいこいアイランド」駐車場に多数駐車できる。

シーズンCIMG8625

CIMG86333月~5月 、11月~12月

28年11月5日に登山。「神流マウンテンラン&ウォーク」の「父不見山周回ルート」を道標やテープをたよりに進んだ。神流町万場から森戸集落・小平へと進み、土生神社付近から山道を坂丸峠へと進んだ。作業同が入り乱れているので、道標やテープを見つけながら進んだ。父不見山山頂からの展望はあまりよくない。写真は左側が長久保の頭で右側が父不見山山頂です。