こまるやま1682m・けさまるやま1878m (歩行距離:約11,5km 登った延べの高さ:約700m)

ガイド

大間々町から日光方面に、国道122号を進む。日光連山の南端に位置するのが袈裟丸山である。展望は大変よい。

アクセス

国道122号線を日光方面へ。東村の信号のない「袈裟丸山登山口、寝釈迦入り口」の標識で左折。2・7kで塔の沢登山口の分岐であるが、さらに、林道を行くと折場登山口にでる。

コース

折場登山口→1:00→賽の河原→1:30→小丸山→2:00→袈裟丸山

 駐車場

折場登山口に20台位駐車できる。(標高:約1200m)

シーズン

5月~11月

kesamaru13年10月20日に登山。朝、5:30に登山開始。よく整備され、歩きやすいコースである。小丸山からは2つピークを登り降りする。かまぼこ型の黄色い頑丈そうな避難小屋もあった。夕べ小屋へ宿泊したという人が下山してきた。頂上直下の急登を登るとなだらかになる。 富士山がはっきり見えた。

15年5月4日に小丸山に登山。朝8:00に折場登山口から登山開始。アカヤシオの花は折場登山口付近が満開だった。賽の河原付近はまだ、つぼみが多く、花は少しだった。賽の河原付近は沢山のツツジの木に囲まれているので、満開に咲くのを是非みたいと思った。帰りには、新緑に囲まれた小中の大滝を見物してきた。階段のある吊り橋を渡った。大滝は96mの落差があるそうである。

20年5月17日小丸山登山。今年はアカヤシオの花付きがよかった。賽の河原付近は散り初め、小丸山付近が満開だった。