たかぞりやま  1130m(歩行距離:約7.5km  登った延べの高さ:約600m)

ガイド

神流町から上野村に入るとまもなく右手に見える大きな山である。頂上付近からの展望が良く両神山、天丸山、張付山、スカイブリッジ等がよく見える。

アクセス

上野村役場の西にある山村広場の駐車場に車を止め、神流川に架かる橋を渡り、対岸へ行く。右折して川沿いを50mほど進み、民家の終わりの脇にある簡易舗装された坂を登る。フエンスがある。ここが登山口である。

コース

登山口→0:10→檜峠「高反山」の案内板がある→0:30→鉄塔の脇→0:20→林道「高反山・勝山地区・檜峠」の分岐→0:30→大岩→0:30→高反山→0:10→林道歩き1:10→檜峠→0:10→登山口

駐車場

上野村役場の西にある山村広場の駐車場に多数駐車できる。

シーズン

3月~5月 、11月~12月CIMG7176

27年10月30日に登山。往路は尾根コースを帰路は一般コースの道を選んだ。登山口から簡易舗装された狭い道を登ると浄水場施設の前に出る。ここが檜峠で、尾根コースは左方向へ。尾根に沿って掘ったような道を行くと、送電鉄塔に出会う。鉄塔を回り込むように登ると緩やかな尾根道になる。林道と合流するが、すぐに左手の道に折れて、尾根上の道へ。急斜面にあるトラバースの道を進むと、大岩に出会う。大岩を左に巻くと尾根の分岐。ここを右折して山頂方向へ。急斜面を登り上げ、さらに登ると高反山の山頂に到着する。山頂付近は伐採されて明るかった。山頂南端にある展望台からの展望が大変良かった。両神山、天丸山、張付山、スカイブリッジ等が良く見えた。帰路は山頂を東方向に下る。すぐに林道歩きになる。勝山地区に入る手前で防獣用の電気柵を通過した。「高圧、さわるな、危険」と表示してあるので、調べて、電話をした。役場の職員さんが来て電気柵の一部を持って開けてくれた。檜峠に戻る途中にも電気柵があったが、役場の職員さんが開けたように柵を開けて通過した。標識やテープがありがたかった。