おいけだけ 1247m・すずきただけ 1182m
(歩行距離:約8.2km  登った延べの高さ:約720m)

ガイド

鈴鹿山脈の最高峰で、カルスト地形である。頂上からの眺望はよくない。

アクセス

滋賀県多賀町の国道306号線鞍掛トンネルの滋賀県側の駐車場が登山口

コース

鞍掛トンネルの滋賀県側の駐車場→0:30→鞍掛峠→1:20→鈴北岳→0:50→御池岳

駐車場

鞍掛トンネルの滋賀県側の駐車場に駐車。

シーズン

5月~11月
oike24年10月6日に登山した。鞍掛トンネルの三重県側にも駐車場があり登山口がある。鹿害を防ぐため、山の木々1本1本にビニールテープが丁寧に巻いてあった。鞍掛峠からは展望のよい尾根道で、シダが茂っていた。鈴北岳からは標識をたよりにカルスト台地の石灰岩とスギゴケの谷の道を進む。真の池を通り過ぎ真の谷分岐に出る。ここを、山頂目指して登る。天候の悪い時は踏み後を確かめるなどの注意が必要である。ヒルがいるので夏は避けて登山をした。

写真は御池岳山頂です。